2014年12月08日

うつ病 仕事が続かない。辞めるべき?@宮島賢也

um03.jpg

残酷なまでの現実に毎日のように打ちのめされてばかりで、このままではうつ病なんて克服するめどがまるで見ない状態だったとしても、
煩わしい治療に1分だって時間を奪われることなく、以前のように家族や友人と他愛もない話で盛り上がれるようになる方法がこちら


うつ病は確かに精神的な要因がきっかけで発症してしまうケースが多く、精神病の一つに数えられる病気ではありますが、実際には、過度のストレスから心を守るための自然な防御反応にすぎません。
つまり、外部の刺激から身を守ろうとした結果、その影響が過剰に出てしまっているわけで、アレルギーに近い側面を持っているわけです。

うつ病を病院に通って治療しようとすること自体、実はナンセンスな部分はあるものの、抗うつ薬によって気分がよくなったり気持ちが楽になるのも事実です。
脳の働きがうつ病と深いかかわりがあり、薬の力で脳の働きに影響を与えることで症状に変化が生まれるということは、逆に考えると、脳に対して適切な栄養分であったり、刺激を与えることが出来れば、うつ病を克服することは十分可能だということを意味しています。

認知行動療法などが決してうつ病治療に効果がないとは言いませんが、うつ病となった時に体の内側ではどんなことが起きているのか?というのを知り、適切な対策をすべきです。
体にとって害のないやり方で脳の働きを整えたり体調を改善することは可能で、結果として下のようになることも決して不可能なことではなくなります。

images (8).jpg

■長年の自殺願望からの解放される

■症状がどんどん軽くなっていくのを実感できる

■親戚づきあいが得意になる

■手放せなくなっていた薬が不要鬼なる


うつ病になると1年以上の治療は覚悟した方がよくて、休職は当たり前、場合によっては自己都合による退職に追い込まれるなど、世間的な風当たりは決して良いものではありません。それでいてさらに、うつ病は再発リスクが高いことも知られているため、治ったと思っても復職が難しく、それがまたうつの引き金になるといった悪循環に陥る危険もあります。

うつ病を本当の意味で克服するためには、単に症状を消すだけではだめで、うつ病がなぜ起きるのか?というメカニズムについてもきちんと知っておく必要があります。従来言われているような精神的ストレスは、うつ病を招く一つの要因でしかなくて、他にもどんな点に注意すべきか?といううのを知ることで、うつ病をより確実に封じ込めることができます。

um05.jpg

宮島賢也さんの自己メンタルセラピー講座は、メンタル面のケアだけではなくうつ病患者にありがちな体質的な問題も改善していくことができる治療マニュアルで、つらいとかしんどいとか一切感じることないのが特徴です。
治療のためにわざわざカウンセリングを受けるとか、認知療法に近いことをするわけではなく、食事を見直すとか人間関係を構成する根本的な知識を学んでいくなど、心に負担をかける要素が一つもありません。

そもそも、うつ病になっているときは心のエネルギーみたいなものが極端に目減りしているわけですから、そんな状態で、心にムチを打つようなことをして良いわけがありません。頑張って症状を治すべく積極的に治療に励もうとするのもいけないし、うつ病からなかなか抜け出せない自分自身を責めたりするのはもってのほかです。

um06.jpg

良い意味で自分と認めて上げて、自分で自分を受け入れてあげる必要があるわけですが、宮島賢也さんの自己メンタルセラピー講座を見ていけば、わざわざやる気を出したりモチベーションを高めようとしなくたって、やるべきことをあなたのペースでやっていければそれで十分です。

自己メンタルセラピー講座を見ると、どんなプロセスをたどっていけば良いのか?というのが明確に指示されており、あなたは決められた通りに話を進めていくだけです。途中で辛いと思ったらそこで一時中断したって構わないですし、またやれそうな気分になってきたら再開していけば良いですよ。

→→自分のペースで無理なく症状を改善していくことが出来る宮島賢也さんの自己メンタルセラピー講座の「うつ病になる人と、ならない人の違い」とは??

um02.jpg
http://www43.tok2.com/home/mail29en/
http://atsites.jp/kangosihb/
posted by 宮島賢也先生 at 08:40| うつ病 治らない 原因と理由 | 更新情報をチェックする

うつ病 治療期間は長引く?@宮島賢也

um04.jpg

一昔前は、うつは心の問題という風に考えられていて、とにかく気持ちが前向きになるように指導していくのが主な治療法となっていました。
代表的な治療法として認知行動療法が頻繁に行われていて、病院に行けばとにかく、過去を振り返らず、将来を見るようにカウンセリングをしてもらったりするものの、このやり方だと、うつが治るまでに果てしない時間が必要となり、何年も続けなければいけないのが普通ともいえる状況でした。

こうした事態を受けて注目を浴びるようになったのが、脳と密接なかかわりのある自律神経の調子を整えたり、脳の働きを活発にするために全身の血行を良くする整体療法で、実際に整体療法によってうつの症状を和らげることに成功している人はここ最近でだいぶ増えてきました。

しかし「再発しやすい」といううつの特徴まで解消できるのか?というと疑問が残る余地はあったものの、食事を通してうつの原因を取り除くようにすれば、再発の心配のなくなるレベルまでうつをスムーズにやわらげていけることが明らかになり、宮島賢也さんの自己メンタルセラピー講座では、その方法が具体的に紹介されています。

um01.jpg

一般的にうつ病は再発リスクが高いと言われていて、いったんは症状が収まったと思っても、また何かのきっかけで症状がぶり返したり、場合によっては以前よりももっと症状が悪化してしまうケースも少なくありません。
うつ病が再発してしまうのは間違いなく、うつ病が発症する因果関係を本当の意味で断ち切れていなかったわけですが、その最大の原因は、身体的なアプローチが欠けていたからです。

心の調子が戻ったとしても、またうつ病になりやすい火種を体の中に抱き続けていたら、それは、爆弾を抱えて生活をするようなものです。宮島賢也さんの自己メンタルセラピー講座は、目の前の症状を緩和させるだけではなくて、うつ病をもたらす根本的な要因も解消させていくことができます。

um10.jpg

あなたがやるべきことは、マニュアルに書いていることをただそのまま再現していくだけで、精神的に辛いことを強要されることはありません。栄養管理にしたって、口に合わないものを無尽蔵に食べ続けなければいけないとか、そういった非現実的なものではなく、普段の食事に一工夫加える程度です。

実質的にあなたが抱える負担を最小限に抑えたうえでうつ病克服に取り組んでいくことができますから、あなたも今まで努力してきたのがバカらしく感じるほどあっさりと、下のような悩みを解消していくことができますよ。

pict1.jpg
■夜熟睡できない

■気持ち先行で体が辛い

■自分を責めまくることをやめられない

■肩こりがひどく体もだるい

社会復帰したいと願うあなたの思いを踏みにじるように症状が悪化し続け、食欲も性欲もますます減退してしまう前に
薬では取り除くことができないうつの本当の原因を解消していき、朝起きた瞬間から気力の高まりを感じてみませんか?

宮島賢也さんの自己メンタルセラピー講座で、先の見えないトンネルはさっさと抜け出して、自分の持っている可能性を広げていくにはこちら

um09.jpg


視力回復アドバンスメソッド
ファンキー末吉
posted by 宮島賢也先生 at 08:40| うつ病 休職期間 収入 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。